将棋上達法/入門・初心者講座
将棋上達法将棋入門超初心者講座初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋上達法/入門・初心者講座

  将棋を始めたい。 再開したい。 もっと強くなりたい。
    そして、 「早く初段になりたい!」という方へ

 将棋をやると頭も心も鍛えられるよ!

子どもに将棋を教える効果

将棋を始める小学生が増えています。お父様もご一緒にどうぞ!

●豊富な図とわかりやすい解説で、駒の動かし方や取り方、王の詰め方などがすぐにわかる!
●棋譜の読み方、19枚落ち必勝法、1手詰練習問題なども充実! 「入門者」を超スピードで卒業できます。
●やさしい練習問題をたくさん用意しました。
●初心者(初級~中級)向け講座も充実しています。

将棋は理想の脳トレ!●初段をめざす賢い勉強法・上達法をまとめました。
●将棋に関するコラムや上達のヒントも様々なテーマでアップしていきます。気軽にお楽しみください。

        将棋で使う右脳・,左脳,・前頭葉

19枚落ち配置図駒の動かし方&ルール〔将棋入門〕

これから将棋を始める方のために、駒の動かし方から駒の取り方、駒を成るということ、二歩や打ち歩詰などの禁じ手、 対局のマナーと先手の決め方、投了の仕方まで、たくさんの図を駆使してわかりやすく説明しています。さらに将棋の棋譜の読み方を学んだ後は、指導者との初めての実戦(左図の19枚落ち)の勝ち方を学んでください。飛車の威力が分かります。

一手詰問題(持ち駒なし)〔超初心者講座〕一手詰、10~6枚落ち、駒組…

「将棋の駒は動かせるけど、実戦経験はまだ10回に満たない」という方のために、駒を取る練習問題や簡単な一手詰問題(駒別)を用意しました(計7ページ・解説付き)。さらに、強い人との駒落ち戦に備えて、10枚落ちの必勝法や、八枚落ち・六枚落ちで上手陣を破る戦法も詳解。最後は序盤講座で、王の囲い攻めの形、飛車を使った数の攻めを解説しています。 

角と桂の連携〔初心者講座1〕上手な駒の使い方

将棋の駒には、最も強力な飛車から最も弱い歩に至るまで、どの駒にも他にはない特性があります。それらの長所を生かすこと(手筋)が、強くなるためには不可欠です。初心者講座1では、歩の使い方(突き捨て・合駒など)から始まって、香車、桂馬、銀、金、飛車、角の使い方まで詳しく解説しています。さらに、と金角・桂・歩の連携による威力についても学べます。

三手詰問題(持ち駒なし)〔初心者講座2〕王を詰ます練習問題

将棋の目的は王を詰ますこと。寄せや詰めが甘くては、どんなに優勢な将棋でもなかなか勝てません。そこで終盤力パワーアップのために、1手詰問題から5手詰問題まで用意し、詳しく解説しました。さらに、詰めの手筋講座も追加。また、詰めの一歩手前の寄せについても、王を逃がさない寄せやさしい必死のかけ方の2テーマでミニ講座をつけ加えました。  

初段をめざす賢い将棋上達法

中級から上級にさしかかった頃になると、初段が現実的な目標となります。ところがその辺りから上達スピードが落ち始めます。何をどのように勉強したらよいのでしょうか? ここでは、①実戦の大切さと心得、②上達のための将棋環境、③駒別の手筋の習得、④得意戦法を持つ、⑤詰将棋と必至問題で地力をつける、の5つの実践を説いています。   

将棋の起源から現代の大棋士まで将棋の歴史~プロ棋士の世界

将棋の起源と日本に伝わったルートの考察、大将棋や中将棋を経て徳川時代に家元制度のもとで発展した将棋、歴代終生名人~日本将棋連盟誕生までの歴史をまとめています。また、若い世代のために、昭和・平成の歴史に残る大棋士についても簡単にまとめました。最後は「プロ棋士になるには~奨励会の仕組み」で締めくくっています。 

将棋格言「焦点の歩に好手あり」将棋いろいろ・コラム

将棋に関する様々な知識・うんちくや、講座から漏れたテーマなどをランダムにアップしていきます。気軽に読める読み物からじっくり研究したいミニ講座まで、内容は千差万別です。将棋川柳、待ち駒は卑怯か(終盤の手筋)、駒落ちの手合割、囲碁と将棋の比較、駒の損得の点数化将棋格言レーティング方式、好きな駒と性格…など多数。 

強くなるほどに新しい面白さが増える! 将棋の魅力とは?

 

 将棋の好きな人に「将棋の面白さって何ですか?」と聞けば、いろいろな答えが返ってくるでしょう。それは好みの違いというよりは、棋力の違いや、将棋を指す環境の違いが反映されているからです。たとえば、初段に近い人なら、「将棋にはいろいろな戦法があり、その定跡を学んでライバルをやっつけるのが楽しい」と言うかもしれません。確かにそれは将棋の醍醐味(だいごみ)です。

将棋は「古代の戦争ゲーム」。駒を動かしているだけで面白い

 でも、将棋を指す人のほとんどは、戦法以前の段階にとどまっている人です。そんな初心者でも将棋に魅力を感じるのは、将棋が古代の戦争をモデルにした敵の王様を取るゲームだからです。王の横には金将、銀将という偉い武将がいて、その隣に桂馬(騎馬)と香車(槍)、さらにその前線には歩兵が並び、中段に飛車角という強力な武器が控えています。それらの駒を操って敵と戦うわけですから、男の子ならまだ弱いレベルでもわくわくするはずです。

 将棋は囲碁やオセロ、連珠(五目並べ)などと並んで、運の要素が極めて少ない純粋頭脳ゲームです。その中でも特に将棋は、相手の陣を破り、駒を取って、王を追い詰めていくそのプロセスがとても面白いのです。しかし、勝てば喜びの度合いが大きい半面、負けるととても悔しいゲームでもあります。負けず嫌いの人が強くなるゲームかもしれません。

一つひとつ手筋を覚える喜び。好きな戦法に出会えれば最高!

 

 そうした、「駒を動かしているだけでも楽しい」という段階を経て、相手の王様の詰め方や、いろいろな性質を持った駒特有の使い方(手筋)を覚えると、将棋はますます面白くなってきます。もう、やめられなくなるでしょう。そして、先ほどの「いろいろな戦法を覚えていく段階」に入っていきます。好きな戦法に出会えたらその喜びは倍増するでしょう。これこそ将棋の魅力だと思うはずです。

 さらに初段前後になると、終盤の強さが大事であることに気づき、逆転の面白さ、悔しさに目覚めます。そして、詰将棋などで読みの力を鍛えて、少しずつ強くなっていくことに喜びを感じます。頭を使うことがこんなに楽しい趣味なんて、他にはないでしょう。 (失礼! 囲碁がありました。将棋と囲碁/面白さと難しさの比較
 (脳関連ページ) 将棋で使う右脳・,左脳,・前頭葉  


本サイトでの将棋上達法―現在の知識・経験に応じて、ここから読み始めてください

将棋のルールや駒の動かし方から始めたい方
    (将棋入門)駒の種類と並べ方 (全10ページ)から
駒の動かし方と簡単なルールだけは知っている方
  
  (将棋入門)反則、禁じ手のルールからの3ページ 超初心者講座(全13ページ)
まだ実戦を数回しかやってない方
    (将棋入門)  〔超初心者講座〕(全13ページ)
いつまでたっても万年初心者の方
    (超初心者講座)王の囲い方は金銀3枚で攻めは飛車角銀桂/囲いのいろいろ の後
          初心者講座1(全10ページ) ⇒ 初心者講座2(全8ページ)


囲碁上達法囲碁上達法|入門から初段・高段まで
  http://igogame.net/  囲碁上達研究会/キオテック
ルールから始める囲碁入門・無料講座初級~初段~高段/囲碁上達のツボ囲碁上達手段・勉強法読みと直感を鍛える詰碁・手筋・攻合・ヨセ・布石問題ヘボ碁脱出法|碁は才能よりも環境囲碁・エッセイ風上達論(囲碁の心理学)囲碁の知識いろいろ/うんちく・格言…

〔関連キーワード〕 ポンヌキとアタリ 着手禁止点 地の数え方 シチョウとゲタ セキ オイオトシ ウッテガエシ パソコンソフト ネット対局 六死八活 ツケノビ定石 セキ コウ ヘボ碁 詰碁 手筋 ヨセ 攻め合い 布石 右脳 やきもち 形勢判断 手談 爛柯 対局ソフト AI ディープラーニング 

脳力トレーニング脳を鍛える脳力トレーニング
  http://goodbrains.net/  頭脳向上研究会/キオテック
脳の仕組みと脳力について右脳トレーニング・初級編左脳トレーニング・初級編脳を柔らかにする日常生活編クイズ・パズルで脳を鍛える全脳を鍛える将棋、囲碁、オセロなどのボードゲーム実用的能力開発/ 読書術、記憶術、速読術、英語 頭が良くなる読書法(世代別)漢字脳を鍛え、難しい漢字に強くなる趣味で脳を活性化―大人の趣味心と脳の関係|脳の働きを良くする感情

〔関連キーワード〕 A10神経群 脳の報酬系 右脳・左脳 前頭葉 海馬 扁桃体 認知症 意欲 アナログ脳 想像力 図形パズル 笑いの効果 散歩 指の運動 囲碁 将棋 オセロ チェス 連珠 モノポリー 速読術 読書術 数字記憶法 英単語記憶法 英語脳 日本語能力 誤読・誤用漢字 四字熟語 音楽療法

記憶術のやり方記憶術のやり方 & 脳の鍛え方/勉強法
  http://kiotech.net/  キオテック創造学習センター
記憶の仕組み―やさしい脳科学と心理学頭の良い脳の使い方、鍛え方 集中力勉強法/受験脳を高める工夫難読漢字テスト&イメージ記憶法ゴロ合わせ暗記法―すぐできるスゴ技

〔関連キーワード〕 暗記 大学受験 資格取得 長期記憶 忘却曲線 エピソード記憶 意味記憶 海馬 扁桃体 大脳皮質 集中力 気分転換法 天才 認知症 ゴロ合わせ 英単語記憶法 シモニデス キケロの記憶術 井上円了 連想力 イメージ変換法 基礎結合法 円周率記憶 

  ページTOPへ