将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME入門その後>超かんたん一手詰(頭金・腹金・尻金)

超かんたん一手詰(頭金・腹金・尻金)

 

 将棋を覚えたての人同士の実戦が、終盤になってから長引くのは、お互いに王の詰め方が分からないためです。そこで、ここからは最も初歩的な王の詰め方を解説し、練習問題に取り組んでいただきます。

持ち駒の金でとどめを刺す

 相手の王を追い詰めるのに最も強力な駒は、龍や馬ですが、最後に王を詰めるには持ち駒に金があることが重要なカギを握ります。相手の王に最後にとどめを刺す金の働きには、頭金・腹金・尻金という3つのパターンがあります。順番に説明していきましょう。

 【1図】 頭金

頭金

1図 金で詰ます場合の最も多いパターンです。このように王が下段にいて、その前の空間に自分の駒がきいていて、かつ相手の駒がきいていないとき、金を打てば詰ますことができます。王がどこに動いても金で取られることを確認してください。王の頭に金を打つので、頭金と呼びます。なお、5二の金が銀だったら、☖6二王または☖4二王と逃げられて詰みません。

腹金

2図 このような形では、王の横に金を打つと詰みます。これを腹金と呼びます。腹金は、右(または左)と上への逃げ道がふさがれている場合に、決め手となります。

 【2図】 腹金
【3図】 尻金

3図 金にはさまれて強い守りに見える王ですが、下段に龍がいます。このような形では王の下から金を打つと詰みます。これを尻金といいます。

 金で詰ます練習問題

第1問 1手で詰みます。

第2問 1手で詰みます。

第3問 1手で詰みます。

(答えは下段)
【第1問】 
 【第2問】 

【第3問】



第1問・正解
☗4二金の1手で詰みます。なお、この問題では☗3二金、☖5一王、☗4二龍でも詰みますが、1手で詰む手を逃してはいけません。頭金は一目でわかるようにしておいてください。

第2問・正解
 ☗5二金の1手で詰みます。実戦では、このように角が遠くにいると、初心者の場合はどちらの側に立っても見落としがちです。

第3問・正解
 ☗3三金の腹金で詰みます。王が銀を取って逃げるのを防ぐと同時に、3二、3四の地点に逃げるのも防いでいます。


  TOP   HOME