将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME初心者講座2>5手先を読む実戦的詰めの問題

5手先を読む実戦的詰めの問題

 

 いよいよ5手詰の問題です。「5手先を読むのが、かんたんだって?」と、疑問を感じる人もいるかもしれませんが、ここでトレーニングするのは、強い人にとっては一本道となる読みです。

 将棋には1手先でさえ、霧の中にいるようにわからないことがあります。また、「1手目はこれしかない」という場面でも、相手がどうやってくるのか選択肢が多くて、3手目を考えることができないということもあります。ここでは、細かい枝に迷い込む可能性が低い、やさしい問題を用意していますので、5手先の詰めが見えるようトレーニングしてください。 ※

一本道を読む5手詰問題8問

 「1手目さえわかれば、後は一本道の読み」という問題です。ただし、第8問は初心者には難問です。 (下にヒントあり)
  後手の持ち駒は「残り駒全部」です。  解答は下段(第7問の下)です。

 第1問 
  第2問 
  第3問 
  第4問 
  第5問 

  第6問 
  第7問 
 第8問

〔ヒント〕
第4問、一手目は「送りの金」という手筋。
第8問はまず守りの要である金を動かしてから、玉を3三に逃がさない方策(角を使う)を考えます。とどめは持駒の金。


【解答】

第1問・正解 ☗2一金、☖1二玉、☗1一金、☖2二玉、☗2一飛成まで5手詰
尻金の王手から始まって、玉がに2一から2二へもどった時、☗2一飛成がとどめになります。

第2問・正解 ☗3四銀、☖4二玉、☗4三銀、☖5一玉、☖☗5二金まで5手詰
二手目で☖4四玉と逃げるのは☗4五金で詰みます。配置が左右配置なので、玉がどちらに逃げても同じです。

第3問・正解 ☗2一銀、☖2二玉、☗4二龍、☖2一玉、☗2二金まで5手詰
☗4二龍に対して後手は3二に合駒がきかないので、☖2一玉と銀を取る一手。頭金の詰みです。

第4問・正解 ☗8二金、☖同玉、☗6二龍、☖7二金、☗7一銀まで5手詰
初手は「送りの金」という手筋。☗6二龍に対する合駒は何を打っても結果は同じです。

第5問・正解  ☗4一馬、☖2二玉、☗2三金、☖1一玉、☗2一香まで5手詰
二手目、同玉と馬を取るのは☗4二金まで。玉が逃げれば並べ詰です。

第6問・正解 ☗8二金、☖同玉、☗7四桂、☖9二玉、☗8二金まで5手詰
☗8二金は王を角の筋に移動させて、桂を打つ準備。☗7四桂に☖7一玉も☗8二金で詰みです。

第7問・正解 ☗3三銀、☖同玉、☗3一龍、☖3二合、☗2二銀(または4二銀)まで5手詰
☗3三銀は第4問の送りの金と似た手筋。3三に王を逃がしても、玉が上(4四または2四)に逃げられないので、☗3一龍と下から王手をかけてはさみ打ちにします。

第8問・正解 ☗4三金、☖同金、☗5一角成、☖同飛、☗3二金まで5手詰
☗4三金は守備駒の金をそらす手筋。☗5一角成は玉を3一に逃がさない手筋で、☖同玉は5二金まで。☖同飛車なら3二の地点を守る飛車がいなくなったので、☗3二金まで詰みです。なお、初手で先に☗5一角成は同玉で失敗です。初心者には難しい問題でした。


  TOP   HOME