将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME初心者講座1>歩の使い方/突き捨て、合駒

歩の使い方/突き捨て、合駒など

 

 歩は前に1歩ずつしか進めない、最も弱い駒です。初心者にとって、この歩は取られるだけの無能でやっかいな駒に映るかもしれません。でも、実は歩にはいろいろな使い方があり、将棋というゲームを面白くしているのです。ここではその中から、初心者でもすぐ身につく、基本的な歩の使い方について学んでいただきます。

歩の突き捨てと守りの歩

 9枚の歩が3つの空間を隔てて、お互いににらみ合った状態から対局が始まります。つまり、どちらの側からでも同じ筋で2つ歩を進めると、次に歩を進めたほうが相手の歩にとられてしまうわけです。超初心者の将棋では、「取られるのは損だ」と思い、お互いに手出しができない状態になります。「先に取られても、取り返せればいい」という考えは、教えられないとなかなか気がつかないものです。

【1図】
 

1図 先手が飛車先の歩を伸ばし、☗2四歩と突いたところです。この歩は☖2四同歩と取られてしまいますが、後に飛車がひかえていますから、☗同飛車と取り返すことができます。このように歩を突いて相手の駒に取らせることを、突き捨てといいます。ほとんどの序盤の戦いは、この突き捨てから始まるといってよいでしょう。

2図 1図から☖2四同歩、☗同飛となった場面。お互いに歩を1枚持っています。次に後手の番ですが、飛車がうっとうしいと思いませんか? そこで今取ったばかりの歩を2三に打って、先手の飛車を追い払うのです。当たり前の手ですが、最も基本となる守りの歩の使い方です。

 【2図】
【3図】 

先手に2つの得が…

3図 2図から☖2三歩、☗2八飛となった場面です。後手は1図の形とまったく変わりませんが、先手は飛車先の自分の歩がなくなり、持ち駒となっています。持ち駒の歩は、盤上に置かれた歩よりも価値が高いので、少し先手が得しています。さらに、先手の飛車先に空間ができ、敵陣2三の地点に飛車が直射しています。ここに銀を繰り出せば、破壊力は増します。つまり、2筋の歩を突き捨てて歩の交換をした結果は、この部分だけでいえば先手が2つの得をしたことになります。

手持ちの歩の威力

 先に、「持ち駒の歩は、盤上に置かれた歩よりも価値が高い」と述べましたが、初心者にはピンと来ないかもしれません。そこで、突き捨ての手筋と連動した、持ち駒の歩の威力をお見せしましょう。

 【4図】

【5図】 

4図 一歩手に持った先手が、2四歩と突いたところです。後手は、次に☗2三歩成とされてはたまらないので、☖同歩と取りますが、ここで手持ちの歩を生かす手があるのです。

5図 ☗2二歩と打ち、次に桂馬を取ることができます。前図☗2四歩は二歩を避けるための突き捨てだったのです。桂馬の弱点は頭にあり、歩のえじきになることはよくあります。

合駒の歩

 【6図】

 合駒(間駒=あいごま)とは、飛車、角、香で、離れたところから大事な駒をねらわれた時、取られるのを防ぐため、間に打つ駒のことです。

6図 ☖6四香と打たれた場面。持ち駒には銀と歩があります。金がねらわれていますが、☗7七金などと逃げると、☖6五香成で角を取られてしまいます。そんな時に金を取られないよう合駒をするわけですが、この場合は敵に取られた時に最も価値の低い歩を、金の頭に☗6六歩と打つのです。もしも歩がなかったら、☗6六銀と打つしかなく、☖同香、☗同金となって、銀と香の交換になります。これは駒損になり損です。歩の大事さが分かったでしょうか。

たたきの歩

 【7図】

 たたきの歩とは、相手の駒(歩以外)の前に歩を打つことです。たたきの歩に対して、打たれた側は歩を取るか、逃げるか、それとも手抜きをするかの判断をしなければなりません。手抜きの場合は、その駒を歩で取られる損と、他の場所に回って得する可能性をはかりにかけることになります。

7図 先手が☗5四歩と金の頭をたたいたところです。4八に飛車がいることに注意。この歩打ちと関係しています。この場合、手抜きは☗5三歩成と金を取られ、と金も作られるので問題外です。そこで後手の応手は、同金と同銀、それに金が逃げる4四金、6四金、5二金の5通りとなります。順番にやっていきましょう。

・☖同金=☗4三飛成で銀が取られ、金取りになります。
・☖同銀=☗4二飛成で龍を作られ、金取りになります。
・☖4四金=☗5三歩成でと金を作られ、銀取りになります。
・☖6四金=☗5三歩成で上と同じ。
・☖5二金=☗5三銀と打たれ、☖同金は☗同歩成で金銀交換。と金が銀取りになります。
        また、☗5三銀に☖5一金は☗4三飛成で銀を取られます。

 ここまで全部読むのは、初級者には無理かもしれませんが、「たたきの歩」というものがあることを知っていれば、直感的にひらめくかもしれません。実戦では、直感が読みに勝ることはよくあります。


  TOP   HOME