将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HME将棋入門>将棋駒の動かし方

将棋駒の動かし方

 将棋をまったく知らない方のために、駒の動かし方を説明します。
 ※関連ページ ⇒  駒の種類と並べ方  将棋の目的と初歩的なルール

 まずは一番強い「大駒」からです。

飛車(飛) 
 縦と横の四方にどこまでも進むことができます。ただし、他の駒を飛び越すことはできません。

角行(角)
 斜め方向(四方)にどこまでも進むことができます。ただし、他の駒を飛び越すことはできません

龍王(龍=成飛車)
 相手の陣地(上から3段目まで)に飛車が入ると、駒を裏返して「龍」に成ります。龍は飛車の動き方に加えて、斜め4方向に1マス進むことができます。

龍馬(馬=成角)
 相手の陣地に角行が入ると、「馬」になり、角の動き方に加えて、縦、横4方向に1マス進むことができるようになります。



銀、桂は敵陣に入った時、裏返すと「金」に成り、金と同じ動かし方ができますが、元の動きはできなくなります。
王将(王・玉)
 縦、横、斜めの8箇所に1マス進むことができます。

金将(金)
 縦、横4箇所と斜め前2箇所の合計6箇所に1マス進むことができます。

銀将(銀)
 斜め4箇所と前1箇所の合計5箇所に1マス進むことができます。茶色の地点は、金と銀の動かし方の違いを表わしています。

桂馬(桂)
 前方2つ目のマスの左右2箇所に進むことができます。他の駒を飛び越すことのできる唯一の駒です。



香も敵陣に入った時、裏返すと「金」に成り、金と同じ動かし方なりますが、香の動きはできなくなります。
香車(香)
 前方のみにどこまでも進むことができます。ただし他の駒を飛び越すことはできません。

歩兵(歩)
 前方に1マスだけ進むことができます。歩は駒台にのったときに威力を発揮し、さまざまな手筋があります。

と(と金=成歩)
 歩が敵陣に入って成る(駒を裏返す)と、「と金」になり、金と同じ能力を獲得します。しかも、取られると元の歩になり下がりますから、相手にとってこんなにいやな駒はありません。

「成」についてのルールのまとめ

 

@ 自分から見て下3段までを自陣といい、上3段を敵陣といいます。王と金以外の駒が敵陣に入ったとき、あるいは敵陣に打ってから一度も動いていない駒が初めて動いたときに、その駒は成ることができ、駒の威力を増すことができます。敵陣から外に出たときも成れます。成った駒は裏返します。

A 敵陣に入っても成らないこともできます。駒を裏返さないことで、成らないことを意思表示します。ただし、1、2段目の桂や、1段目の香、歩はそれ以上動けないので、必ず成らなければいけません。
 ※銀や、三段目の桂、香などが、金になるよりも、もとの動きのほうが有効と判断した場合、不成(ならず)とすることがよくあります。

B 敵陣に駒を打つときは、成った状態で打つことはできません

C 成らない状態で敵陣から出た駒は、もう一度敵陣に入るまで成ることはできません。
 また一度成った駒は、敵陣から出てもそのままずっと成った状態でいなくてはなりません。

D 敵の成った駒を取っても、駒の性能は元のままです。

  子どもに将棋を教える、効果いろいろ   将棋で使う右脳、左脳、前頭葉


  TOP   NEXT相手の駒の取り方   HOME