将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME入門その後>超かんたん一手詰((桂・香)

超かんたん一手詰(桂・香)

 

 桂馬や香車は、王の囲いを崩す飛び道具として大きな働きをしますが、時にはとどめを刺す駒にもなり得ます。ここではそんな桂馬・香車で王を直接詰める形について学びます。

他の駒を飛び越せる
間駒がきかない桂

 桂は他の駒を飛び越せる唯一の駒です。そのため、他の飛び道具(飛・角・香)は打たれても、間にその進行を止めるための駒(間駒=あいごま)を打つことができるのに対して、桂には間駒が通用しないという特長があります。桂馬による詰めは特殊な形になります。

 【1図】

1図 このように王が一度も動かない形を「居玉(いぎょく)」といいます。居玉に両脇の金が並んだままの形は最悪です。

 王の上、三段目に「と金」ができ、桂が手に入った瞬間、☗4三桂と打ちました。なんと直接、王に接している駒が1枚もないのに、詰んでしまったのです。




香は「前にしか進めない飛車」

  【2図】

 香も桂と並んで、詰めのとどめになる駒にはあまり向いていません。でも、香を「前にしか進めない飛車」と考えれば、特殊なケースで決め手になることがあります。

2図 終盤、端に逃げた王が9四の地点までつり上げられて、☗9五香と打たれた場面。よく見ると詰んでいます。この場合、持ち駒が金または銀が1枚だったら、詰ますことができません。一手で詰ますことができるのは、香以外では飛車だけです。

桂・香で詰ます練習問題

第1問 1手で詰みます。

第2問 1手で詰みます。

第3問 1手で詰みます。

(答えは下段)
【第1問】

 【第2問】 

【第3問】


第1問・正解
 ☗2三桂と角の頭に打つのが正解です。桂で詰めるということが分かっていますから、誰でも解けたと思います。このような「角頭の桂」、「1一の王に対する2三桂」は形ですから、よく覚えておいてください。

第2問・正解
 ☗6三桂不成(ならず)で詰んでいます。8四に角がいるため、同銀とは取れません。不成とすることを忘れて☗6三桂成とするのは、王手にならないばかりでなく、☖5四香などと逃げ道を作られて、王が捕まらなくなります。

第3問・正解
 ☗2四香と打って詰んでいます。なお、この場合は☗2六香~2九香と離して打つのも正解で、間駒がある場合でも☗同香で詰みから逃れられません。


  TOP   HOME