将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME入門その後>超かんたん一手詰(飛・龍)

超かんたん一手詰(飛・龍)

 

 飛車は敵陣の1段目か2段目に入って龍となった時、持ち駒の金銀との連係プレーで、王を詰めるのに最も強力なパワーを発揮します。でも、時には金や銀では詰まず、龍や持ち駒の飛車で直接王手をかけて詰ます場合があります。ここでは飛車や龍で詰ます形を覚えてください。

横(縦)に逃げられなくする

1図 まずは龍で詰める例です。図は5三にいた龍で☗4二龍と王手をかけた場面。詰みそうもない王が、この一手でどこにも逃げられないことを確認してください。もしもこの龍が金や馬だったら、☖2二玉と逃げられてしまいます。これが龍の効果です。

 【1図】
 【2図】

  【3図】

2図 今度は持ち駒の飛車で詰める例です。飛車は龍よりも働きが弱いのですが、持駒の場合は「どこにでも打てる」という強みがあります。図は☗2一飛と打った場面。☖4一玉と逃げる手をなくしています。

3図
 玉が横ではなく、縦(たて)方向に逃げる手を阻止する例もやっておきましょう。図は☗2二飛成で王手をかけた場面。この一手で玉は上方向(相手側から見て)に逃げられなくなったばかりか、なんと詰んでいます。

飛・龍で詰ます練習問題

1問 1手で詰みます。

第2問 1手で詰みます。

第3問 1手で詰みます。

(答えは下段)
【第1問】 
 【第2問】 

【第3問】


第1問・正解
 ☗4二飛成で詰んでいます。飛車で詰ます問題と分かっていたのでやさしかったと思いますが、実戦では☗4二角成としてしまうかもしれません。でも、それでは☖2二玉と逃げられてしまいます。

第2問・正解
 ☗2三飛打で王の上部脱出を防ぎ、詰んでいます。☗3四飛打は☖2五玉で失敗。

第3問・正解
 ☗5四龍で、王が7四に逃げるのを防ぐのが正解。☗6三龍もよくある攻めの形ですが、この場合は☖5五玉と逃げられてしまいます。


  TOP   HOME