将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME入門その後>超かんたん一手詰(銀)

超かんたん一手詰(銀)

 

 銀は金のように横に行けないため、最後の詰めとしては金に比べて少し劣りますが、前と右上、左上の3カ所に進める点は金と同じです。つまり、駒の配置次第では、金の代用が務まるということです。さらに、金にはない「斜め後ろに行ける」という長所を生かして、王の後ろから詰めることもできます。

金がなくても
上から詰めることができる場合

1図 駒台に金がなくても、王が銀の腹に逃げることができないような形になっていれば、銀で詰ますことができます。図は5一に逃げた王の頭に、5二銀と打ったところ。4二の空間には4三の銀がきいており、また6二には自分の歩がいますから、王は銀の腹に逃げることができません。詰みの状態です。

【1図】
 【2図】

後ろから王手をかけて詰ます場合

2図 前ページ「尻金」のところで説明した図と似ていますが、今度は王の守りが金2枚ではなく、金銀になっています。そのため、金があったとしても、☗3一金は☖同銀と取られて詰みません。でも、今度は2一の地点が何もきいていないので、ここに☗2一銀と打って詰みです。ななめ後ろから王手ができるのが、銀の長所です。

銀で詰ます練習問題

第1問 1手で詰みます。

第2問 1手で詰みます。

第3問 1手で詰みます。

(答えは下段)
【第1問】 
 【第2問】 
【第3問】


第1問・正解
 ☗6三銀と打って詰んでいます。王は自分の歩が邪魔して上には脱出できません。

第2問・正解
 王のななめ後ろから、☗2二銀と打つのが正解。☗3四銀と前から行くのは同金と取られてそれまでです。実戦で似た形はよくできます。

第3問・正解
 ☗8一銀の一手で詰んでいます。☖同金と取りたいのですが、龍がいるので王手になってしまいます。☗8三銀と打つのも同じようですが、この場合は6五にいる角に☖同角と取られて失敗です。


  TOP   HOME