将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME初心者講座1>飛車の威力/数の攻めで敵陣突破

飛車の威力2/数の攻めで敵陣突破

 

 飛車の威力は、何といっても序盤の戦いの中軸となる敵陣突破力です。でも、飛車1枚の力では敵の陣地に突入することはできません。銀、桂、歩などの駒が先兵となり、飛車はその後ろからドーンを構えて出番を待つのです。もちろん、その際には角も別の角度から、飛車が攻めようとする敵陣ににらみをきかせます。

わかりやすい数の攻め

 ここではまず、初心者にわかりやすい、歩と銀による数の攻めから説明します。初心者同士の将棋では、王の守りがおろそかになりがちですから、飛車、銀、歩をうまく使えば、それだけで成果を上げることができるでしょう。

1図 この形は、3筋の歩の交換から銀が前に出て、3四歩と攻めの拠点を作って、先手が成功しています。でも、ここから攻めが続かないと、将棋は勝てません。そこで、2筋の歩の突き捨てから開戦です。 

     【1図】
    【2図】 

〔1図からの指し手〕
☗2四歩 ☖同歩 ☗同銀 ☖2三歩 (2図)

 後手の角の頭を守っているのは、金1枚だけなのに対して、先手の攻め駒は銀と飛車の2枚ですか

   【3図】

ら、数で上回っています。こういう場合は、単純な数の攻めで破れるのです。2四に銀が進出し、☖2三歩と打たれましたが…。

〔2図からの指し手〕
☗2三同銀 ☖同金 ☗同飛成 (3図)

 3図は飛車が敵陣に入り、龍になっています。その上、金銀交換プラス歩1枚の駒得です。後手の守りが金1枚のところをねらい、数の攻めで見事に敵陣を突破しました。

初歩的な棒銀、「差し違え」の例

4図 上の応用です。☗1五銀と出て、☖1四歩と銀取りにされた場面です。これは棒銀戦法といわれる戦法です。銀取りだからといって☗2六銀と逃げる前に、☗2四歩と攻める手を考えてみましょう。それに対して☖同歩なら☗同銀と取り、前の1図~2図と同じようになって攻めは成功します。
問題は後手がかまわず銀を取ってきた場合ですが、その場合は次のような差し違えになります。

     【4図】
    【5図】 

〔4図からの指し手〕
☗2四歩 ☖1五歩 ☗2三歩成 (5図)


 5図の評価ですが、今は先手の銀損ですが、飛車の先にと金ができ、角取り金取りになっています。後手は銀1枚では守りようがないのです。この後、☖2三金なら☗同飛車成で駒得をしながら龍が作れます。

攻めの銀と守りの銀の交換

6図 相手が飛車先を金銀でしっかり守っている場合、棒銀戦法はどうなるのでしょか。先手飛車銀、後手金銀で2対2ですから、敵陣を破ることはできませんが…。

     【6図】
    【7図】 

〔6図からの指し手〕
☗2四歩 ☖同歩 ☗同銀 ☖同銀 ☗同飛 ☖2三歩 ☗2八飛 (7図)


 7図を見て、「銀交換をしただけで何もなかった」なんて思わないでくださいね。小さなことだと思うかもしれませんが、先手は次の3つの利益を得たのです。

1.銀交換によってお互いに銀を手にしたが、後手陣は守りが薄くなっている。
 (手持ちの銀で守れば強くなるが、それでは先手だけ銀を自由に打てるので損)
2.先手は歩を1枚手に入れたが、後手には歩がない。
3.飛車先の歩がなくなったため、飛車が敵陣2三の地点に直射していて、さらに2五の地点に攻めの駒が打てるようになった。

 将棋は交互に指していますから、相手がしっかり守っている場合、棋力が同じ程度だったら、序盤ですぐに優勢を築くのは無理なのです。この後は、手持ちの銀と歩を使ってどう攻めるかを考えます。


  TOP   HOME