将棋入門・再開・初心者上達法
将棋上達法将棋入門入門その後初心者講座1歴史・プロの世界いろいろ・コラム

将棋HOME初心者講座1>角+桂・歩で威力倍増

角+桂・歩で威力倍増

  【1図】
  【2図】
   【3図】
   【4図】
   【5図】

 角ついては、「両取りの角/角の打ち込み」で簡単使い方を解説しましたが、角の本当の威力についてはまだ伝えていません。角は単独で使うよりも、桂や歩などの小駒と連携して使うほうが数倍働きが高まるのです。異なる性質の駒がいっしょに働くとどうなるかを知ると、将棋がさらに楽しくなるでしょう。

歩を使うと角が生きる

1図 先手の☗7五歩に対して、後手が☖同歩と取った場面です。先手5五の角が後手の銀をはさんで飛車をにらんでいます。しかも、先手は手に一歩持っています。先手の次の一手は?

 ここまでヒントを出せばもう分かりますね。正解は☗7四歩(図省略)です。☖同銀なら☗8二角成と飛車を取ってもう終わっています。そこで後手は☖7二飛と角道から飛車をそらしながら、7三の地点を守りますが、☗7三歩成、☖同桂(2図)となり、次に☗8三銀などで飛車を追い払いながら、☗7三角成で桂を取る手が残ります。

角と桂馬の相乗作用

3図 これは「角+桂」で初めて成り立つ技です。☗4四歩と敵の歩の頭に桂馬を打った場面です。わざわざ取られるところに打つなんて、初心者にはなかなか思いつかないでしょうが、よく見るとこの桂は取れないのです。そう、☖4四歩と取った瞬間、王手で反則負けとなってしまいます。この後、☖4一王(または3一王)と逃げ、☗4二桂成で守りの金を1枚取ります。このように角と桂が連携すると、単独では不可能な攻めができるようになります。

4図 王を詰める問題です。実戦にできやすい形ですが、盤上の馬と持ち駒の銀と桂馬だけで詰ますことができます。前図が理解できれば、1手目はすぐわかるはずですが…。

〔詰手順1〕
☗8四桂 ☖同歩 ☗8二銀まで
 (4図)

〔詰手順2〕
☗8四桂 ☖9三銀 ☗6二銀(5図) ☖同金 
☗同とまで 

 なお、☖9三銀で☖5三歩と、と金を払うのは☗8二銀まで。6二には桂がきいていて王は動けません。








  TOP   HOME